メインイメージ画像

ターニングポイントがある!

人は誰しも、人生に何回かのターニングポイントを持ちます。その時が、まさに保険の見直しがいる時なのです。一点目の転換点は、夫婦になり、その後子供が生まれる予定がある場合です。万が一の時、守るべき人達が途方にくれないためにも、医療保険をさらに充足させ、死亡保険を増額して下さい、二点目の転換点は、子供達が自立後です。死亡保険を低くし、削った分を自分自身の健康管理を目指し、お金を使うことをすすめます。がん特約など、皆さまの身体の状況にぴったりの特約の契約を推薦します。

  • 確定申告で生命保険料控除を受けよう [生命保険の税金] All About
  • 三つ目の転換点は、企業を退職後です。医療保険の併用とともに老後にむけて年金保険なども候補に考えて考えましょう。

    各年代により、当然必須とされる保険のタイプは相異なります。結婚していない若い年代と子供が独立してしている年代は必須とされる保障の中身が違ってくるのです。例をとれば、独身の若い世代は、死亡保険は必要ありません。

    経済的なことを考えると、医療保険も単純な掛捨ての形式がいいと予測します。一方、育ちざかりのお子様のいる年代は、もしもの時にご子息のために死亡保険の充実を考える必要があります。最後に、お子さんが皆独立した年代は死亡保険を減額し、医療保険の充実を図る必要があるでしょう。老後の毎日を考えて、年金保険や養老保険を選ぶのも手段の一つです。何が有効なのか保障の中身を各年代で確認することをおすすめします。

    更新情報